包茎手術後の出血の対策とは

包茎手術後の出血の対策とは

包茎手術後の一週間というのは、感染症や炎症を起こさないようするためにも日常の生活の中で気をつけて生活していかなければなりません。

セックスや自慰行為、アルコールの摂取なども控える必要があり、シャワーも一週間は患部に当てないように病院側から指示されるのようになります。

しかし、どんなに気をつけて過ごしていても、患部から出血することがあります。
人によっては垂れるくらいになることもあるらしく、あまり怪我や病気以外で血を見る経験のない男性にとっては恐怖に感じるかもしれません。

しかし、そんなお悩みを抱えても無闇に不安がる必要はありません。
やはり、簡単な手術であってもメスを使用して切ったりしているわけですからそういうこともなくはありません。

出血してしまった場合の対策は、そのままに放置せず、汚れたタオルをまた新しいものに変えて巻いていけば問題はなく、傷口がくっつくようになれば自然となくなっていきます。

ただ、ずっと出続けて止まる気配がなかったり、それでも不安になる場合は、包茎手術を受けた病院に連絡して相談しましょう。

一番怖いのは、感染したり化膿して傷口がひどくなってしまうことです。
少しでも異変や心配があった場合には、病院の医師に相談するようにしましょう。

包茎手術・包茎治療を神奈川県横浜市でするならココがお勧めへ

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ