包茎のため殺菌処理

包茎のため殺菌処理

包茎というのは、男性の性器をくるんでる皮膚が伸びており、尿道口もふさいでしまうくらい
伸びてる場合と、尿道口はどうにか目視できる程度に伸びてる場合などいくつかの種類があります。

皮膚を陰部の根元までずらして石鹸で洗えるならまだ良いのですが、皮膚の先端が細くなっていて陰部の太さと合わず、根元までずらせない場合はアンモニア臭がひどく、精液が洗い流せないまま皮膚の中に溜まってカス状に固まってしまってることもあります。こういったお悩みは非常に多く、と言っても簡単に相談できないものですので、治療に踏み切ることが難しいのですよね。

性行為にも関わりますし、何より殺菌できないのであれば健康被害につながります。尿道口から病原菌が入り込むことも考えられます。衣類の上からも臭いますし良いことが一つもありません。

包茎手術は伸びきった皮膚を切って短くするだけですので、何も怖いことはないのですが、いざとなると勇気が必要です。
一生のお悩みとして背負っていくべきかどうか。健康被害が無いのであれば、そのままで良いかもしれませんが、性行為によって相手の女性が子宮けい癌や淋病などになる可能性があるとも言われてます。

皮膚の中で精液を出す行為になりますので、精液が相手にたどり着かず、妊娠しづらくなることもありますね。
子作りはまだ先の話として、まずはご本人様と相手様の健康のためにも殺菌ができるようにしたいものです。

手術をして余分な皮膚を切除するのがベストですが、勇気が出ない場合は医師に相談するだけでも良いアドバイスが聞くことができますので専門医との相談から始めてみてはいかがでしょうか。

包茎手術・包茎治療を神奈川県横浜市でするならココがお勧めへ

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ