包茎の病院での検査内容

包茎の病院での検査内容

包茎は、男性のペニスのうち先端部の亀頭が包皮と呼ばれる皮によって包まれた状態のことです。
一般的にこの状態では汚れやすく衛生状態も良くないため臭いがするなど男性のお悩みのひとつとなっています。

包茎といってもいくつかの種類があり、まったく亀頭が露出しない真性、亀頭の先端が露出しているカントン、手で力を加えれば亀頭が露出する仮性の3種類があります。

このうち真性やカントンは性交に支障を来す恐れがあるため健康保険による治療の対象となっています。
それ以外の場合にはあくまでも見た目の問題であるため、保険対象外となっており全額自己負担する必要があります。

病院での包茎検査としては、視診と触診で検査されます。基本的には亀頭が露出するかどうかを確かめるものであり、勃起しない状態でも亀頭が露出しない場合には包茎と判断されます。

真性やカントンの場合には性交に支障を来すので包皮の一部を切除する手術が行なわれ、また積極的に治療が行なわれますが、仮性の場合には治療の対象ではないため美容整形の一種になります。

なお手術を受ける前には、病気に掛かっていないかどうかの検査が行なわれ、病気がある場合には治療してから手術が行なわれます。

包茎手術・包茎治療を神奈川県横浜市でするならココがお勧めへ

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ