包茎のお悩みは家族に話すべき?

包茎のお悩みは家族に話すべき?

包茎のお悩みを家族に話す必要があるとすれば妻だけです。
それ以外の方には迷惑をかけることはないため、相談する必要はないでしょう。
何より家族は専門家ではないため、危険な民間療法を勧められてしまうことがあります。
食事制限をして痩せれば包茎も治る、矯正器具を着用すれば手術は不要、などなど。

現在において、確実に治療する方法は手術しかないため、それ以外の方法を使って効果が出るか
どうかは賭けでもあります。

ペニスを常にむいておけば治るという話もありますが、むいても痛みを感じないようなら特に治す必要性はありません。
むくときに相当な痛みを感じるようでは、シャワーで洗浄したり、性行為をしたりするときに支障が出るので治すべきでしょう。

最終判断は自分で下す必要がありますが、お悩みを抱えている方は一度医師に相談してみるべきです。
包茎の手術をする前に、包茎のデメリットについて聞いておくといいでしょう。
現在は問題がなくても、将来的にそのデメリットが発生してくる可能性があります。

40代以降になると加齢臭が発生し、同時に下半身の臭いも強くなることが多いです。
体臭を予防する意味でも、包茎を治しておくメリットは大きいのです。
不安を抱えてモヤモヤしているくらいなら、思い切って手術を受けましょう。

包茎手術・包茎治療を神奈川県横浜市でするならココがお勧めへ

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ